fukei01

ご無沙汰しています。
しばらく更新していませんでしたが、その間何をしていたかというと、表題どおり小説を書いていました。
ブログの方も更新したかったのですが、小説に集中していると他のテキストを書くのが思いの外むずかしく、長い間更新が途絶えてしまっていました。

最近書いた3作をカクヨムとLINEノベルの方に掲載していますので、気が向いたら目を通して頂けますと幸いです。

また、近々ブログについても運営の変更など告知すると思いますので、今後ともよろしくお願いします。

書いた小説3作品の紹介は下記。
-------

◆作品紹介
はたらかない息子」

何者でもないことで、ずっとあなたの息子でいたいと思った。

LINENOVEL05


<あらすじ>
映像の制作会社で働く亮平は、「働かない若者たちの実態」というドキュメンタリー番組の撮影のため、就労経験のない中学校時代の同級生・晴文の就職活動に密着する。
苦戦しつつも迎えた採用発表の日、姿を消す晴文。
なんとか居場所を探し当てた亮平に対し、晴文は「働かない本当の理由」を口にする。


ものがたりのある場所

僕の"ものがたり"の始まりは、あの人のいる静かな場所にありました。

<あらすじ>
恋人にフラれ進学への意欲を失った浪人生の圭人は、予備校をサボって訪れた図書館で、不思議な佇まいをもつ司書の遠藤瑞枝と出会う。
瑞枝と本の盗難事件の犯人探しを進めていくなかで、圭人は恋人との別れや母との離別など過去と向き合い、幼い頃からずっと押し込めてきた”自分の本当の思い”に気付いていく。

「こたえあわせの幸福

繰り返される"こたえあわせ"。季子先生と僕の特別な何気ない日々。

kotaewase_tate02


<あらすじ>
ふとしたことから、放課後に数学の季子先生のもとへ問題の「こたえあわせ」に行くことが日課となった高校1年生のハル。
始めこそ不可解さを感じていたものの、奔放で自由な季子先生に不思議な親しみを覚えていく。
複雑な家庭状況もあり、次第に季子先生との時間を拠り所とするようになったハルだったが、ある校内での事件がきっかけで季子先生は忽然と姿を消してしまう。


◆私のカクヨムの作品一覧ページ